ウディタVer2.20向けトランジション画像

ウディタVer2.20が、そろそろ正式版になりそうですね。(2017/01/01現在ベータ16)
Ver2.20になって、色々と便利な機能などが増えるようです。

一番の目玉(だと私が思ったもの)は、解像度とマップチップサイズを別々に選べること。

size

チップサイズ40で320×240とか、チップサイズ16で1280×720とか、自由に設定できます。
個人的にはマップチップをあまり使わないので、画面サイズが16:9になって大きく表示できるのがすごく嬉しいですね。800×600でもちょっと狭いなーとか思ってたので。

解像度一覧

以下の通り。

320×240(表示は2倍されて640×480)
640×480
800×600
854×480*
960×540*
960×720
1024×576*
1024×768
1280×720*
1280×960
「*」がついてるのが16:9、他は4:3

トランジション画像の扱い

20

640×480のトランジション画像です。これを1280×720のゲームで表示してみます。

screenshot_2017_0101_23_31_26

なんだか右の方と下の方に直線っぽいものがあります。(サンプルゲームのマップが狭かったので適当に広げてあります)

screenshot_2017_0101_23_31_26_2

うっすら重ねてみると、たぶん左上に合わせてトランジション画像を使用して、画像がない部分は端の値をまっすぐ伸ばしてるんじゃないかなと推測されます。画面に合わせて拡大とかはしてくれないみたいです。拡大してくれれば4:3と16:9だけ作ればよかったんですけどね。

全部作りました

 

tr

そういうわけで全部作りました。
あんまり種類はないですが、仮置きなんかに使ってくれれば幸い。ダウンロードは以下。

トランジション画像

ウディタVer2.20は、フォントサイズやエディタの細かい表示など、嬉しい更新が多いです。正式版が待ち遠しいですね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です